経営倫理シンポジウム・2020





◆趣旨◆
 経営倫理実践研究センターが設立されて23年、「経営倫理」の重要性はすでに世の中に定着していますが、いまだに企業不祥事と呼ばれる事象は生じております。企業が人から成る組織であるからには、企業不祥事は少なくなりはせよ、ゼロにすることはできません。不祥事は起こり得るものと覚悟の上、起こってしまった際に企業がいかに迅速にかつ的確な行動がとれるかということが鍵になるといえましょう。
今年の経営倫理シンポジウムは、会計・監査・ガバナンスに造詣が深く、また第三者委員会報告書格付け委員会の委員でもある青山学院大学名誉教授の八田進二先生をお迎えし、「不祥事発生時に企業が取るべき行動」というテーマでお話しいただきます。経営倫理の分野に携わる方にとって、とても参考になる貴重なお話を伺えますので、積極的なご参加をお待ちしております。なお、例年は外部の会場を借りて開催をしておりましたが、新型コロナウィルス感染防止のためにZoomおよびYouTubeによるライブ配信で開催いたします。

◆概要◆
 参 加 費: BERC会員・・・無料
        JABES・ACBEE会員・・・2,000円(税込)
        一般・・・5,000円(税込)
 申込締切日: 11月13日(金)
 *WEB配信の視聴方法についてはご登録いただいたメールアドレス宛にお知らせいたします。
 *ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

◆スケジュール◆
 13:00-13:10 開会挨拶 上野幹夫 経営倫理実践研究センター 理事長
 13:10-14:45 講  演 「不祥事発生時に企業が取るべき行動」
               八田 進二 先生(青山学院大学名誉教授、大原大学院大学教授)
         *いずれの組織にあっても「不正は起こりうる」とのリスク感覚を研ぎ澄ますことで、
          不祥事発生の端緒を見逃さず、仮に顕在化した時に不可欠の初動対応について考えたい。
 14:45-15:00 質疑応答
 15:00     閉  会

◆講師プロフィール◆
八田 進二(はった しんじ)先生
八田進二
慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(プロフェッショナル会計学)。現在、日本内部統制研究学会会長、日本監査研究学会理事、金融庁企業会計審議会臨時委員(監査部会)、会計大学院協会相談役、会計教育研修機構理事 他。著書、「開示不正」(白桃書房 2017年)、「『第三者委員会』の欺瞞」(中公新書クラレ 2020年)など多数。



※以下フォームよりお申込み下さい。
※参加費につきましては、ご請求書を郵送しますので、フォームに送付先をご記入下さい。

予約申込
2020-11-18 (水)   経営倫理シンポジウム・2020
メール*
企業名*
会員種類*BERC会員   JABESまたはACBEE会員   一般  
部署名
氏名*
参加者メールアドレス*
TEL*
視聴方法*Zoom   YouTube  
通信欄
請求書送付先郵便番号
請求書送付先住所

* は必須項目です。

一般社団法人 経営倫理実践研究センター 〒107-0052 港区赤坂1-1-12明産溜池8F TEL 03(6441)0640 FAX 03(6441)0641
Copyright(C) BERC 2009-2015 All Rights Reserved. Supported by bizknowledge